文旦のアロマテラピー

土佐文旦を買いまして

どう皮をむこうか。。考えました。

林檎のようにクルクルと皮をむいて

白い皮もクルクルと果肉に到達するまでむいていきます。

皮だけをクルクル巻いていくと…お花が出来ます。

皮が厚いので、お花が3つも出来ました。

文旦のさわやかな香りが、部屋中に広がりました。

香りが弱まったら、指で黄色の皮をモミモミしてみてください。

香り成分の油包が潰れて、また香りが広がります。

こちらは1日中楽しめますので、今日はテーブルの真ん中においておきます。

ゼリーを作るつもりでしたが、今日はこちらの皮が主役となりました。

不要な外出を自粛している3月ですが、気分はすっきりしないものです。

こんな時は、アロマテラピーの良さを実感できる時でもありますが

文旦の皮の香りで気持ちがすっきりといたしました。

ゼリーもさっぱりといただきましたよ。

オレンジやレモン、グレープフルーツの皮でも楽しめますので

いただく前に是非オススメです。

林檎の皮をむくようにクルクルと。。。むいた皮を端からクルクル巻いていくと

お花のようになりますよ!

お皿にのせてお楽しみくださいませ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最近のブログ

  1. リンゴの蝶々

    2020.05.16

  2. STAY HOME

    2020.04.25

  3. さくら

    2020.03.21

PAGE TOP